刺激の好み

嫁です。

マッサージと鍼・灸の刺激の強さの好み

ありますか?

私はよく言う”響く鍼”が苦手で、

ズーーーーンとくると

もう結構です!ってなってしまいます。

マッサージも弱揉みが好きです。

身体をほぐすために必要な刺激も苦手で、

よく中断させてしまいます。

ガマン

鍼の”響き”という現象は、

痛みとはまた違う感覚なのですが

私のように、もう嫌!となる方や

あの刺激がなかったら鍼を受けた気にならない!という方、

好みがはっきり分かれます。

 

注意していただきたいのは、

響いたから治った治らないではないということ。

響かせたほうが早く痛みを取り除ける病症もありますし

響かせないで治せる病症もあります。

そもそも”響き”というものは

神経を刺激してなるのではなく、

はっきり解明されていない感覚なんです。

鍼

また、”鍼の響き”以前に

鍼そのものが苦手な方もいると思います。

そういった方には、鍼という名前は付いているけど

刺さないもの(鍼)もあります。

摩擦鍼(まさつしん)、接触鍼(せっしょくしん)という

赤ちゃんや子ども、刺激に過敏な方に使用する

分かりやすく言えばカッサやローラーのようなものです。

 

それから、あまり知られていませんが

女性は月経時に痛覚が過敏になる傾向があります。

私のように刺激に弱い人は特に。

鍼は怖い、イヤ、刺激に弱いなど

言いにくいかもしれませんが、

受診の際は一言お伝えいただければ対応いたしますので

ぜひ教えてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加